還暦過ぎた親孝行息子の心の葛藤


 

週末はお花見を楽しまれた方も多かったと思います。

私は、近くにお祭りがあり、

日曜日には少し参加して来ましたので、

少しお祭りロス的な気分です。(笑)

 

IMG_1767

 

少し遠出して、

楽しみたい季節になりましたが、

私のように、老人ホームなどの介護施設に入所する直前の親がいますと、

もう、泊まりは無理かなと感じます。

自分も歳をとっていきますから、不安ですね。

 

私の妻は、積極的ではないですが、

一応、私の母の介護に協力的です。

自分が関わるのは週に1度くらいですが、

私が毎日、朝晩通うことには協力的です。

妻にしてみれば、

別居で、自分の親ではないので、

それでも充分だと思っています。

・・・

が、

言葉のどこかに、

私の行動がやり過ぎで、

そんなにまでしなくて良いんじゃないか?

みたいな気持ちを感じます。

・・・

客観的に見て、そうだと思います。

(~_~;)

で、母も「そんなにしなくていいよ~」みたいに

言いますが、、

これは、無理です (>_<)

 

私が1日、何もしなかったとき、

部屋は、泥棒が入ったようになっていました。

探し物でもしたんでしょうね。

 

も決められた通りには飲めませんし・・・

を間違えて、救急車を呼んだこともあります。

 

結局、他人から見て、

やり過ぎ

くらいになってしまうんですね。

(>_<)

 

それもひとつの原因ですが、

私の食後高血糖のこともあり、

で、以前のように外食も出来なくなってしまったんです。

糖質制限だと、外食もブレーキがかかります。

 

しかし、老い先短い母に、

「何も食べたくねえよ~」と、弱々しく言っている母に、

外食で、美味しいものを食べさせてあげたい。

 

しかし、母を私2人だと、

「うらぶれて見える」(妻談)

そうなんです。

 

ですから、ここで妻が必要になるわけですね。

・・・

自分でこの話、

どうまとめて良いものか、

分からなくなりました。

 

妻と母の狭間で、

思い悩む、心の葛藤、

(;一_一)

 

囲炉裏の前で、くるみを二つ

コリコリさせながら、策を練る、

真田昌幸が如く、

母上と奥に気を使い、

日々精進するアラ還へもぐろ

 

落ちませんが、失礼します。

(苦しいわ~)

(ToT)/~~~