甘い罠!小さい和菓子にご用心


 

夕べは雨が降ったようで

夜中にトイレに起きて、雨の音に

久しぶりの音だな~

近頃良い天気が続いていますからね。(^-^)

 

実は、文化祭に連日行って来まして、

茶道の流派が日替わりでやってるものですから、

お点前(と書くらしいですが)の違いとか、どうなのか?と

で、必ず出るのが

 

もみじ菓子

和菓子なんですね

かわいいでしょう、、もみじ

今の時期にいいですね

これが、ちっちゃいんですよ、

直径4センチくらいですか?

その前日は

うさぎ菓子

これですから、

さらに小さく、これは長さ3センチくらい

私は食べませんから、そ~っと「懐紙」に包んで持ってきました。

もみじうさぎ菓子

ならべるとさらに・・・

それにしてもかわいい (^u^)

え? 私に似合わないと?? (T_T)

もっともです!

こんなに小さなお菓子でも、、

もみじなんかは砂糖がそのままブチブチついてますし

うさぎも甘いんでしょうね(食べないからわかりませんけど)

どちらも5~10gの糖質があるんでしょうね。

こういう小物が危ないんですよ

「これくらいならいいや」

と小さいからと言って、油断する気持ちが全てを壊してしまいますから。

私は今回は大丈夫でした。

でも、お茶でもコーヒーでもそうですが、どちらも「甘いもの」があると、

美味しいんですよね~  ?? 

私だけですかね?

お茶もコーヒーもそれだけだと1杯でいいのですが、

なにか「おつまみ」があると2杯以上欲しくなります。私は。

考えてみれば、ウィスキー、日本酒、ワインを飲むときは

「和菓子、洋菓子、チョコレート」のおつまみが大好物ですから、

やっぱりこれは私だけかもしれませんね。

次回の検診でHbA1cが下がったら、少し糖質制限を緩めて

和菓子、ご飯もの、をありがたく堪能したいと思ってます。

その日の為に、外食メニューの糖質量をまとめてみました。

大凡の目安としてご活用ください。<(_ _)>